シェムリアップでノマドするなら「Joe to Go」で決まり!

[:ja]瓜生原[:][:en]Takumi[:] [:ja]琢実[:][:en]Uriuhara[:]

by 瓜生原 琢実

シェムリアップでノマドするなら「Joe to Go」!

瓜生原です。こんばんは。

日本で外に出ているときにパソコン作業をしたいとなるとカフェに行く人が多いのではないでしょうか?
シェムリアップには日本でノマドと言えばここ!となっているスターバックスはまだありません。

今日は2014年夏に移住して合計2年以上シェムリアップに住んできた私が、みなさんが難民ノマドにならないようシェムリアップでノマドするならここ!というカフェをご紹介します。

シェムリアップでノマドしたい人におすすめするのは、「Joe to Go」というカフェです。

必ず座れる、Wi-Fiが飛んでいる、電源がある、長居できるというノマドするのに重要な要素を全て満たしています。

ノマドにJoe to Goをおすすめする10の理由

冒頭にも書いたように私は2014年の夏からシェムリアップに住み始めました。
最初の内はいろんなカフェを試したりワーキングカフェと謳っているところを使ったりしていたのですが、最終的に落ち着いたのは今回紹介しているJoe to Goでした。今ではもう1年半以上通っています。

なぜ1年半以上も浮気をせずにずっとJoe to Goを使っているのか? Joe to Goが一番良いと思うのか? その理由は10個あります。
その理由を説明する前に、Joe to Goって何なの?と思われている方もいらっしゃると思うので、Joe to Goの基本情報をお伝えします。

Joe to Goはthe Global Childという教育系のNGOが運営しているカフェです。Joe to Goの利益はこちらのNGOの運営に回っています。

シェムリアップの中心地であるオールドマーケットエリアにあり、在住者にも旅行者にとってもアクセスのよいところにあります。

営業時間は07:00~21:30。クメール正月などに少し休業するぐらいで、普段は休みなく営業しています。

Joe to Goの基本情報はこの程度にしておき、私がJoe to Goをシェムリアップでノマドしたい人におすすめする10の理由を説明したいと思います。

  1. Wi-Fiが飛んでいる
  2. ノマドをする場所としての前提条件とも言えますが、もちろんJoe to GoにもWi-Fiは飛んでいます。

  3. 立地が良い
  4. 基本情報でも記した通りシェムリアップの中心地オールドマーケットエリアに位置しています。夜は旅行客で賑わうパブストリートへも徒歩1分で行けます。

  5. エアコンがある
  6. エアコンがある-ノマドにJoe to Goをおすすめする10の理由
    汗だくの状態だとパソコン作業に集中することは難しいですよね。熱帯地域のシェムリアップでは、エアコンがあることはとても重要です。
    エアコンはあるのが当然じゃないの?と思われる方もいらっしゃると思いますが、欧米の人がオープンカフェが好きだからか、タイから輸入していて電気料金が高いからなのか、シェムリアップにはエアコンが設置されているカフェが多くありません。

    Joe to Goは1階と2階があるのですが、エアコンは2階に設置されています。
    最近エアコンが1台増えて2台になりました!

    2階スペースの手前も奥も快適に過ごせるようになっています。

  7. 単価が安い
  8. 単価が安い-ノマドにJoe to Goをおすすめする10の理由
    アイスコーヒー※1が1.5USD。エアコンを完備してこの価格で提供しているカフェは他にはないのではと思います。
    エアコンがついているコスタコーヒーはUSDです。
    ※1正式名称はアイスコーヒースペシャル。スペシャルの方が安く、なぜスペシャルなのかは未だに分かっていません

  9. クッキーがついてくる
  10. クッキーがついてくる-ノマドにJoe to Goをおすすめする10の理由
    嬉しいことにアイスコーヒースペシャルにはクッキーが2つついてきます!
    パソコン作業をしていて少し小腹が空いたらパクリ。
    もはやアイスコーヒースペシャルはパソコン作業をするための人に作ったメニューなのではと思えてきます。

  11. 必ず座れる
  12. これまでに述べているようにJoe to Goは立地が良く、単価もエアコンがあるカフェにしては低く提供してくれています。
    それにも関わらずなぜかそこまで人が入っていないんです。1,2回団体客の予約があるからとエアコンのある2階に座れなかったことがありましたが、それでもファンがある1階には座れました。
    「ノマド おすすめ ◯◯(場所)」とぐぐって行ってみると空席がなく他のカフェを探さなければならなくなったという体験をしたことがあるのではないでしょうか?
    Joe to Goではそのような心配はありません。

  13. テーブルが広い
  14. テーブルが広い-ノマドにJoe to Goをおすすめする10の理由
    エアコンのある2階には4人がけのテーブルが10台あります。先に記したように混むことがほとんどないため、4人用のテーブルをひとりで使うことができます。大きさは小学校のときの机4つ分ぐらいでしょうか。
    模造紙を広げて今後のプランをじっくり練るなんてこともできちゃいます。

  15. 各テーブルに電源が2つずつある
  16. さらにさらにすごいのが、10台あるテーブルにはそれぞれ2つずつ電源があることです。
    空席はあるけれど電源に届かないところだからここはダメだなと別のカフェを探した経験はありませんか?
    シェムリアップではJoe to Goに行けば電源を確保することができます!
    他のひとを呼んで打合せなんていうときにも2つあるので電源の取り合いになることもありません。

  17. スタッフが親切で距離感がちょうど良い
  18. Joe to Goで働いているスタッフは親切です。Wi-Fiが止まっちゃったよと伝えればすぐに再起動してくれます。
    ひとりで作業していると話し相手がほしいなと思うこともありますが、帰り際や休憩したいときに話し相手になってくれます。
    逆にスタッフの方から話しかけてくることもあります。それも頻繁にではなく、こちらが休憩をしているときなどちょうど良いタイミングで話しかけてくれます。

  19. かかっているBGMが好き
  20. BGMは集中して作業ができるかどうかを左右する大事な要素のひとつですよね。
    人によって好みが分かれると思いますが、Joe to Goはビートルズ、ケイティー・ペリー、グリー・キャスト、ヴァネッサ・カールトンなどが流れています。私の好みにベストフィット。
    iTunesにはJoe to Goで知って入れたものがかなりあります笑。

以上が私がシェムリアップでノマドしたい人にJoe to Goをおすすめする理由です。

ダメなところはないの?ここが惜しいぞJoe to Go

そろそろ良いところばかりあげているけれどほんとにダメなところはないの?という声が聞こえてきそうなので、Joe to Goのここが惜しい……というところも紹介します。

  1. ジェネレーター(発電機)がない
  2. Joe to Goにはジェネレーターがありません。シェムリアップは電気を自前で作らずタイから輸入しているためか月に何回か停電します。すぐに復旧することが多いのですが、たまに1時間以上停電することもあり、電波を必要とする作業をしているときには場所を変えざるおえなくなります。
    エアコンも増設したし次はジェネレーターをとひそかに期待しています。

  3. Wi-Fiがとまることがある
  4. シェムリアップではどのカフェでも起こりうることだと思いますが、Joe to GoもWi-Fiが止まってしまうことがあります。スタッフに止まっているよ伝えて再起動してもらえば直ることも多いのですが、回復せずににしばらく使えないということもあります。これまた電波を必要とする作業をしていると、場所を変えざるおえなくなります。

まとめ

電気と電波の課題は内包していますが、それを上回る魅力がJoe to Goにはあると思います。
Joe to Goが出しているサンドイッチやカンボジア料理も美味しいですし。

いろいろな国でパソコン作業をしていましたが、その中でもJoe to Goが一番良いカフェだと思います。
今後シェムリアップを訪れるノマドワーカーはぜひJoe to Goに行ってみてください。

エアコンが効いているので灼熱の中遺跡観光をして早く涼しいところに入りたい!という人にもおすすめです。

場所:Street 09, Krong Siem Reap(オールドマーケットエリア)
営業時間:07:00~21:30 ※オープンして2時間ぐらいは2階に入れません
電話番号:+855-(0)-63-969-050
URL:http://www.joetogo.org/

Related Post

Find a Column

Latest Offers from Local Startups

現地起業家と共に働く

Latest Offers from Foreign Startups

日系スタートアップで経験を積む

Find an Internship at a Startup

Find an Internship Experience

Find an Internship at a Startup